筋肉トレーニングを行う上でサプリメントを飲んでいる方は非常に多くなります。このサプリメントは有効に活用すれば筋トレの効果を高めてくれますので、基本的に筋肉トレーニングとセットで考えられるようになっています。
ただ初心者に多く見られる傾向として、どれが良いのか分からない事から手当たり次第に飲んでしまう方がいらっしゃいます。この様な方はサプリメントに依存してしまう危険性がありますし、それぞれの特徴が理解できていないと思ったような効果は得られなくなってしまいます。

筋トレサプリ胃の代表:プロテイン

まず、最も有名なサプリメントと言えばプロテインになります。プロテインとはタンパク質の事で基本的にタンパク質の塊であると考えて問題ありませんが、このプロテインを飲んだからと言って筋肉が成長するわけではありません。
と言うのもサプリメントはあくまでも補助が目的になりますので、プロテインは筋肉の成長を促す栄養になっています。またプロテインは大きく分けて二種類あり、プロのボディビルダーの方はホエイプロテインを飲んでいるケースが多くなります。
したがって本格的に筋肉を鍛えたい方はホエイプロテインが良いと言えますし、ダイエット目的の場合は大豆からできているソイプロテインが適しているとされています。

筋トレ効果を上げるクレアチン

次にクレアチンですが、こちらはマグロや赤身のお肉に多く含まれる成分になります。この赤身のお肉などはボディビルダー以外にもプロのアスリートなどが食事に取り入れていて、筋肉量だけでなく筋力そのものや持続力の強化などに繋がるとされています。
したがって、ある程度筋トレを続けていて筋肉が成長しにくくなった時などに効果を発揮するサプリメントになります。ただし筋肉量が上がってしまいますので、ダイエット目的の場合には逆効果になる可能性が出てきます。

筋肉の回復を促すグルタミン

そしてグルタミン酸についてですが、グルタミン酸は体内で合成できる非必須アミノ酸になっています。しかし病気や怪我などの影響で生成量が低下している場合には外部から摂取する必要がありますし、疲労回復効果がありますので筋トレには有効なサプリメントになります。
また基本的に筋肉トレーニングをしている方は疲労が溜まりやすくなっていますので、免疫力の低下などが起こりやすくなります。そうなると風邪をひいてしまったりその他にも病気になってしまう可能性が出てきますので、グルタミン酸を摂取する事で筋肉の疲労回復と免疫力の向上をしておく事は重要なポイントになります。

まとめ

このように、筋トレサプリと言っても色々な種類があり、上記だけでもまだほんの一部です。
それぞれのサプリの性質を理解し、自身の状況や目的に応じて適切に使い分けると筋肉量が増える速度が早くなります。
また、中々筋肉が付かずに苦しんでいる方は、ガリガリが筋トレで成果を出す講座|目指せ!細マッチョ!を読んでみましょう。